ブログマラソン


ずっと仕事の原稿ばかり書いていて、麻雀のことを文章にするとしたら、教えてくれる人への質問ばかり。

昔はmixiなんかにいろいろ書いていたのだけれども、いつしかそういうのもなくなってしまった。

仕事の文章は、ペルソナ(読者対象)がいて、いかに読まれやすいか、いかにその文章から効果(売上)を出すかということばかり念頭にあって、これはこれで楽しいけれど、常に「策略」のようなものがあって、書き終わったらぐったりする。

文章は短く、誰でも読みやすく(ペルソナによってはこれは変わる)、クライアントの指示にずれていないかを考える。

10年これをやって、それなりのスキルは身に付いたのだけれど、一つわかったことがあって。いやこれは5年くらい前からもう薄々感づいていたんだけれども、文章に熱量がなくなっていく。正確にいえば、意図された熱量だけがあって、それは自分のものではないんだな。

そうなると、これからいずれ作りたいマスターピースみたいなものが、結局作れないで終わってしまうような気がして、何か大きなマットや洪水に包まれてしまうような不安を覚えてしまった。

麻雀プロで、毎日、ブログを書いている人は、周りで見ている人のはるかうえのストレスがある。それが本人にとってストレス解消になっていたら別なのだが、そうでないことは見ていればなんとなくわかる。熱のあるものと、ルーティンでなんとなく書いているもの。それはどうしたって違う。

自分へのリハビリとして、もう少し自分の文章を書いてみようと思った。









コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林景悟

Author:小林景悟
RMUという競技プロ麻雀団体に所属しています。コピーライター、講師。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
46888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13792位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
46888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13792位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
リンク
QRコード
QR